水を一日2リットル飲むのって結構難しい

体に一番よい飲み物、それはずばり水。
体が疲れているときに、飲むとなんだかホッとする水。

飲みまくって尿となって体から水分が抜けると、なんだか体の毒素が抜けたような気分。

健康のために、巷でよく言われている一日2リットルの水を飲むよう頑張っていますが、これが結構難しい。1日に2リットルの水を摂取するコツを考えてみました。

なんで、2リットル?

そもそもなんで2リットルなのか?その根拠は?

不可避尿というのが1日500mlあって、これを出さないと体に悪いようです。大人の1日平均排尿量が1.4リットルで、そこから約2リットルを取るのがよいとされているようです。

体内は不要な老廃物を排出しないとうまく機能しません。老廃物は主に尿となって体外に出ていきます。1日に体内で発生した老廃物を完全に出すには500ミリリットルの尿を出す必要があります。 これは不可避尿といわれており、うまく排出できなくなると老廃物が体内に溜まって不具合が発生したり、代謝が悪くなったりします。 代謝を良くして酸素がスムーズに体中に行き渡れば脂肪の燃焼率も高まります。 そのために、排出される以上の水を飲むことが大切。成人の1日の排尿量は約1.4リットルなので、だいたい2リットルを目安にするといいでしょう。

出典元:水ダイエットを成功させる方法と効果

2リットルってイメージしにくい

まず、私には2リットルという量がなんかイメージしにくい。
2リットルペットボトルだろ!と言われればまあそうなんですが、日常生活で2リットルサイズのボトルを持ち歩くわけも行かず。

で、ちょっと調べてみると、

コップ1杯の定義は?1杯180cc?150cc?
なみなみにつがないとして1杯150ccだと
約13杯~14杯ですね。
大きめのグラス(180cc)だと約11杯程度ですかね。

出典元:ヤフー知恵袋

だそうです。コップにするとなんかすごく多く感じます。

わかりやすいのは500ml x 4本

今、仕事中を含め実践しているのが、500mlを1日4本分飲むというやり方。500mlペットボトルを再利用し、4回分飲んでいます。が、それでも、仕事が忙しくなったりすると、飲むのをふと忘れてしまうことがあります。

なんとか毎日ちゃんと2リットル飲んで、体の疲れをしっかり取れるようにしたいです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする