資産状況 2018年10月

いよいよ秋らしくなってきました。
2018年10月31日時点での資産状況です。

資産ポートフォリオ

総資産額 2,534万円(括弧内は総資産額に占める割合)

  • 生活防衛資金 632万(25.0%)
    • 預貯金 571万
    • 現金  61万
  • 安全資産 300万(11.8%)
    • 個人向け利付国債(変動10年) 300万
  • リスク資産 1602万(63.2%)
    • ETF 279万
    • 投資信託 1323万

今月から、千円以下は切り捨てで表記しています。

リスク資産ポートフォリオ

アセットクラス 比率 基準
国内株式 20.9% 10.0%→20.0%
先進国株式 30.6% 40.0%
新興国株式 20.2% 20.0%→10.0%
先進国債券 19.1% 20.0%→25.0%
国内REIT 4.7% 5.0%→2.5%
先進国REIT 4.6% 5.0%→2.5%
  • 国内株式
    • 上場インデックスファンドTOPIX(1308)→積立停止中
    • ニッセイTOPIXインデックスファンド
  • 先進国株式
    • ニッセイ外国株式インデックスファンド
  • 新興国株式
    • eMaxis新興国株式インデックス→積立停止中
    • eMaxis slim新興国株式インデックスファンド
  • 先進国債券
    • ニッセイ外国債券インデックスファンド
  • 国内REIT
    • ニッセイJリートインデックスファンド→積立停止中
  • 先進国REIT
    • ニッセイグローバルリートインデックスファンド→積立停止中

ポートフォリオの基準を見直しました。
株式:債券:リート=70%:25%:5% として、下記のように変更しました。

  • 国内株式を倍
  • 新興国株式と国内外リートを半分
  • 先進国債券を5%アップ

追加で、先進国債券の積立てを停止し、国内債券の積立てへ完全に切り替えていきます。これまで積立ててきたニッセイ先進国債券は、様子を見ながら全額解約予定です。

やはり、為替ヘッジのないファンドは、為替の影響が強すぎて安定しませんので、国内債券へ切り替えます。

収益率

投資額 1,620万
評価額 1,602万

‐1.1%(2018年9月30日時点の利回り)

ついに、積立インデックス投資を開始して初の赤字です。新興国株式の強烈な下落を外国株式や国内株式がカバーしきれない状況まで来ています。

というか、外国株式や国内株式もものすごく下落しています。

考察

現職退職予定の2019年3月時点の総資産額は、今の状況でいけば、間違いなく3,000万円をきります。

まあ仕方ないですね。当面生活できるだけの防衛資金は確保しているので、しばらくは放置です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする