仕事は楽しいかね?なんて聞かないで

こんな本がある。

一瞬読んでみようかと思ったが、まだ読んでいない。たぶん今後も読まない。その理由は、仕事が楽しいなんて幻想だと改めて思ったから。

今は普通のサラリーマン。毎日黙って会社に行けば、それば毎月一定額の給料はもらえる。これって、思考停止してしまうのも無理はない。言われたことをやってればいいわけだから。

でも楽しいなんて思ったことは正直ない。なぜなら、企業で働く=会社の歯車 だから。歯車に意思なんてない。毎日同じように動けばそれでいいだけ。それで会社が回ればそれでよし。会社員なんてそれぐらいの存在でしかない。

超ネガティブな思考だけど、これは本当のこと。

ただ、仕事で成長できる、経験値が増えるという事実は正直否定しないです。仕事で得られたことをどう捉えるかで「自分は成長できたんだ!」と思えれば、それは成長したと言えると思う。

でも、楽しいっていうのとはちょっと違うような気がする。自分が心底楽しめる仕事なんてそうそうあるもんではない。そんな仕事につけてる人は本当に幸せ。

仕事をしすぎて疲れて死ぬなんてもってのほか。何のために親は一生懸命に自分を大きくしてくれたのか。それを考えると、仕事で果てるなんて絶対にダメだと思う。

先日、こんな記事を見つけた。

オードリーの若林正恭さん(39)が11月7日放送のドキュメントバラエティ「7 RULES(セブンルール)」(関西テレビ放送)で、「『朝起きて、仕事が楽しい』はエンジョイ・ハラスメントって呼んでる」 「仕事が楽しいってそんなに重要なの」と語り、話題を呼んでいる。「『だるいな』と思って仕事に行って、『これで良かったかな』く...

エンジョイハラスメント。みんな結構これと同じこと考えてた人いると思う。この記事を読んだ時、若林さん、よくぞ言ってくれた!っと思った。

楽しくなくていい。しょせんは飯を食うためにカネを稼いでるだけ。そう思えば楽。

ただ、まだ常識は残っているようで、一応周りには迷惑をかけないように仕事してます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする