収入がちゃんとあるときこそ節約の訓練をすべき

とりあえず安定したサラリーマン生活を送っている今は、収入の心配はありません。だからといって、ムダな支出は一切してません。

なぜなら、セミリタイアを初めて収入が減ってから支出を締めようとしても、それまで無駄遣いの体質になっていたら、いきなり倹約生活を送るのなんて到底ムリだからです。今のうちから、セミリタイアに向けての体質を身に着けておくべきです。

今、私がやっていることは次の5つ。

1.支出の管理を行う

ブログでも何度か書いていますが、家計簿をつけて、資産状況、収支状況を管理しています。予算をたてて、その予算内で生活をする。とてもシンプルです。

予算(目標)を立てるというのが家計管理の一番のポイントです。

2.「オレは貧乏学生」と自己暗示をかける

自分は貧乏学生だと思って生活してます。海外駐在中なので、同世代からすれば正直給料は悪くないです。

だけど、「おれにはカネがない」と思いこみ、生活を送っています。最近では「お金遣うのは悪」だと思い始めるレベルに到達。

このままいくとお金のかかることは一切やらない人間になれそうです。

3.余計な現金を持たない

基本的には手元に置く現金は10万と決めています。これ、「ちと多いんでない?」という声が聞こえてきそうですが、地震とか、天災に備えた金額設定です。

でも、本当にライフラインが壊滅したら、お金なんてただの紙切れですけど。

ただ、外出する時は5000円ほどしか持ち歩きません。普段は自宅に置いてあります。

あと、財布も持ってません。

4.外出しない

外出が大嫌いなんです。

仕事は仕方ないですが、休みの日は基本的に一歩も外に出ません。それが何より快適。

外に出ると不特定多数の人間と接することになる(店員とかいろいろ)ので、引きこもるのが一番ストレスがない。仕事でもハゲそうなほどストレス浴びてんのに、プライベートでもそんなんとか絶対に嫌です。

セミリタイア生活開始後も、外出はほとんどしない予定です。それくらい家にいるのが大好きです。

5.無料サービスで満足させる

テレビ、Youtube、Spotify、現代のITに感謝です。

特に音楽好きの自分には、Spotifyが無料で使えることが天国です。一昔前なら全く想像できなかったいい時代です。無料で満足できる体質なんで、お金を使わずにすみます。

今は海外生活中なので、日本の公共施設が使えいないのがもどかしいです。日本に戻ったら、使い倒してやります。

支出削減に限界なんてない

このブログも解説してから1年以上になりますが、アドセンスの収入なんて、月ペットボトルのジュース1本くらいしかありません。

収入を増やすのは、無能な私には簡単ではないので、とことんまで支出を削減し続けます。
手元に残るお金が1円でも多いとほんとに幸せです。セミリタイアに向けてただ突き進むのみです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする