今年読んだ「お金」の本まとめ【2018年】

どうも、ソイです。

2018年ももうすぐ終わり。今年読んだ「お金」に関する本をまとめました。2017年も同じようにまとめ記事をかいているので、あわせてどうぞ。

お金の真理を知るための本

01. 金運上昇 銭道 これさえ守ってたら銭が貯まるで!!篇
02. 金運上昇 銭道 これを実践できたらドン底から抜け出せるで!!篇
03. ナニワ錬金術 唯物論
04. 青木雄二のナニワ資本論
05. 淀川河川敷 ナニワ金融道青木雄二の傑作漫画集「矛と盾」
06. ゼニの人間学

2017年に引き続き、『ナニワ金融道』の青木雄二さんの本は一番多く読みました。どれもKindle unlimitedで読めます。印象的なくだりをいくつか引用しておきます。

「労働は美徳」というのは、そう言わんと労働者が働く意欲をなくし、資本主義が崩壊するからであってね。結局、資本家どもの洗脳に過ぎん。古代ギリシャの市民は働かないで遊ぶことのほうが善である、という考えがあったぐらいなんや。

肉体を酷使して「何時何分までにこの仕事をこなさなあかん」とあくせく働いとる生活のほうが、ものごとの本質をジックリ考えるゆとりが持てないことは、ちょっと考えたらだれでもわかることでんがな。

ナニワ錬金術 唯物論

今の時代、借金の重荷を背負うことを極力避け、どんな危機にも対応できるように身軽な身でいることが何より大事なことやと思うで。僕が住宅ローンなんかやめておけというのは、こういう理由からなんや。

金運上昇 銭道 これを実践できたらドン底から抜け出せるで!!篇

株式の基礎を勉強するための本

08. めちゃくちゃ売れている株の雑誌ZAiが作った「株」入門
09. 世界一わかりやす株の本 細野真宏
10. いちばんカンタン!株の超入門書
11. 臆病者のための株入門
12. 臆病者のための億万長者入門

今年中に個別株を始めるつもり、これらの本を読みましたが、やっぱり最後の一歩が踏み出せず、まだ株の購入には至っていません。ですが、基本的なことは勉強できました。

一番わかりやすかったのは『めちゃくちゃ売れている株の雑誌ZAiが作った「株」入門』です。この本、私が読んだのは改定第2版で2015年出版のバージョンです。ちょっと情報古いかもしれませんが、基本を学ぶには問題ないです。

11と12は橘玲さんの本です。ちょっと読みづらいです。結構真理はついているんですが。株の知識をまず勉強するなら、図解入りのものがいいでしょう。

お金の価値観について考えさせられた本

13. お金2.0
14. 世界でもっとも貧しい大統領 ホセ・ムヒカの言葉

次は、お金そのものの価値観について考えさせられた2冊です。どちらもKindle unlimitedで読めます。

『お金2.0』では、資本主義の中での価値の位置づけがお金(貨幣)ではなく、信頼や時間や個性に置かれているという部分が印象的でした。世界で貧しい大統領 ホセ・ムヒカの言葉』ではセミリタイアに必要な質素なライフスタイルへの考えをより固めることができました。

お金の漫画なら「インベスターZ」が一番おすすめ

2017年10月に買って読みましたが、再読中です。お金のこと、資産運用、投資、全てを包み込んでいる漫画です。特に新卒の就活生は絶対に読むべきです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA