Kindle Paperwhiteを1ヶ月使ってみた感想

読書

Kindle Paperwhiteを使い始めて約1ヶ月経ちました。今日は、正直な感想を書いておきたいと思います。

良かった点

読書に集中できる

読書に集中できる環境、これはすごく大事です。

iPhoneのKindleアプリを使っていた頃は、LINEなどの通知がなどがカットインしてきて、ほんとにうっとうしかったです。ネットワークを切っておく手もありますが、同期しながら読みたいのでそのまま読んでいました。

Kindle Paperwhtieにしてからは、紙の本を読んでいるのと同じく本としっかり向き合えるようになりました。

目が疲れない

画面が目に優しいということも、集中力の高い読書を実現できている大きい要素だと思います。

Kindle Paperwhiteの画面を目にした時の第一印象は「画面暗っ!」でした。でも、人間の慣れって怖いものです。今では、iPhoneでは、短時間で目の疲れを感じるようになってしまいました。

Kindleは実際のインクを使用しているため、紙の本と同じようにくっきりとした美しい文字を表示します。タブレットのように強い光を発することなく、常に周辺環境と同じ自然な明るさになるため、目が疲れにくく、長時間でも快適に読書を楽しめます。 via. Amazon.co.jp

読みたい本がすぐに購入できる

これは便利です。ストアで気になる本を検索し、そのまま1-click購入すれば簡単・迅速です。スマホのKindleアプリは読む機能のみしかありませんので、必ずAmazonのサイトにログインしてからの購入となります。

とにかく軽い

軽いです。ほんとに。持つ時はこんな感じ。

 

薄さも程よく、持ちやすいです。長時間持っていてもほとんど疲れません。分厚い文庫や新書などよりも軽いかなと。

大きさは、文庫本と比べて、こんな感じ。

 

充電は週1回

この1ヶ月間で充電したのは3回ほど。1日に1時間位使って、週1回のフル充電(約3時間)で十分間にあいます。ページを捲って画面が切り替わる時だけしか電力を消耗していないそうです。

人気のあるハイライト箇所が分かる

これは、すごくありがたい機能です。他の読者が線を引いたところが分かるようになっています。◯◯人がハイライトと注釈があり、その部分に右破線がひかれてあります。

例えば、『夢をかなえるゾウ』だと、下記の箇所が3,486人にハイライトされているそうです。

「成功しないための一番重要な要素はな、『人の言うことを聞かない』や。そんなもん、当たり前やろ。成功するような自分に変わりたいと思とって、でも今までずっと変われへんかったっちゅうことは、それはつまり、『自分の考え方にしがみついとる』ちゅうことやんか」 via. 『夢をかなえるゾウ』

 

漫画も問題なく読める

Kindle Paperwhite購入前に、「漫画が読みにくい」というレビューをいくつか目にしたんですが、特に不快感はありませんでした。ページめくりもそれほど問題なく、スムーズでした。

残念な点

動作が鈍い

想像以上にもっさりしてました。Kindleアプリに慣れていたので、ページ送り、ハイライト作業など、スッ、スッっといっていたものが、ぎこちない反応として返ってきた時に、イラッ!としました。

ハイライト作業がやりにくい

ハイライトをするときなんて、もっさり感が爆発することになります。ハイライトしたいところを指でなぞって、出てきたポップアップの”ハイライト”をタップしてからようやく完了です。Kindleアプリであれば、なぞって指を離したら、ハイライトは完了してるんですけどね。
読書に集中できる というメリットを先程書きましたが、このもっさり感は読書を妨げる、まさに「玉にキズ」な特徴じゃないでしょうか。

画面がモノクロ

当然ですが、カラーではありません。わかってて購入しましたが、やっぱり物足りなさを感じる瞬間はあります。特に、ハイライト機能は、Kindleアプリであれば、4色から選べますが、Kindle Paperwhiteは灰色しかありません。

軽すぎて落としそうになる

軽いっていうのは、短所にもなりえます。手に持った状態で、うとうとしてたら、うっかり落としたりなんてありえます。まあ、落とすのはKindle Paperwhiteだけじゃないでしょうけど。重量感がなさすぎるので、取扱には十分注意する必要がありますね。

まとめ

全体的には、「買ってよかった」と思ってます。読書への向き合い方がほんとに大きく変化したと思います。いつでもどこでもすぐに読める、というのがいいです。
Kindleで販売されている書籍自体はポイント還元をうまく使えば結構安く読めるものもあります。セールも頻繁にやってます。

 

コメント