セミリタイアに向けて資産運用開始(ポートフォリオ公開)

セミリタイア

以前、早期セミリタイア実現の宣言をしました。

ずばり、「総資産5000万円でセミリタイア」です。

 

5000万円貯めて、セミリタイアをするのが人生の目標です。
結論から言うと、人生の最終目標は「5000万円貯めて、セミリタイアする」ことです。セミリタイアなので、全く仕事しないわけではなく、週に1~2回だけ仕事して、後は全部日曜日!って感じをイメージしてます。

 

公約通り、本格的な資産運用を開始しました。かなりの遅いスタートですが、意地でも「5000万円でセミリタイア」を達成したいと思います。

 

そこで今日は、手始めに、本日時点の資産ポートフォリオを公開します!

 

現在のポートフォリオ

現在の総資産のポートフォリオはこうなっています。

安全資産(全資産の約32.5%)

安全資産は下記のようなものにしています。

  • 現金
  • 預金
  • 預金利付き国債変動10年

預金は、住信SBIネット銀行のハイブリッド預金にしています。

リスク資産(全資産の約67.5%)

リスク資産は、投資信託とETFで組んでいます。

  • 株式
    • 国内  上場インデックスファンドTOPIX(1308)26%
    • 先進国 ニッセイ外国株式インデックスファンド 32%
    • 新興国 eMaxis新興国株式インデックスファンド 17%
  • 債券
    • 先進国 ニッセイ外国債券インデックスファンド 13%
  • リート
    • 国内 ニッセイJリートインデックスファンド 6%
    • 海外 ニッセイグローバルリートインデックスファンド 6%

下の円グラフは、リスク資産の配分です。

 


と、以上のような感じです。

投資信託とETF、基本、インデックスファンドにしています。

インデックスファンドにしている理由

インデックスファンドに限定して購入している理由、それは

  • ほったらかしにできる
  • 時間がない会社員の私に合っている
  • 手数料が安い

という、3点に尽きます。

インデックスファンドは、ベンチマーク(指標のようなもの)に近づくようにファンドが組まれているので、アクティブファンドに比べると、落ち着いた値動きをします。(最近のような日経平均が21年ぶりの高値とかになると、結構動きますが)

 

ただ、資産運用をもっと勉強していきたいので、インデックス型の投資信託に限らず、個別株の購入も検討しています。

 

ニッセイアセットマネジメントは手数料が安い

投資信託の中でも、ニッセイアセットマネジメントが販売している商品は手数料がかなり安いです。
 
投資信託の世界では、格安手数料競争が始まっているようです。投資信託の一番のポイントは「手数料が安いかどうか」ということですね。
 

ETFと投資信託の違い

どちらも投資信託ですが、

  • ETF→上場している(株式と同様の扱い)
  • 投資信託→上場していない

という大前提があります。購入価格の決まり方など細かい違いがありますが、それも含めてETFの基本を勉強したい方にはこちらをおすすめします。
 
私が読んだ投資信託、ETF関連で一番わかりやすかったです。

 

 

今日はとりあえず、セミリタイアへ向けて本格始動したお知らせでした。今後も定期的に毎月資産状況をお伝えしていきます。

コメント