資産状況 2018年12月

どうも、ソイです。

2018年最後の資産状況公開です。いつもは毎月最終日に記事を公開しています。ですが、市場は年末年始休み、個人的な収支も確定したので、いつもより1日早く公開します。

資産状況 2018年11月もあわせてどうぞ。

資産ポートフォリオ

総資産額 2,747万円(先月 2732.1万円)
※100円以下は四捨五入

前月比+14.9万円(+0.6%)でした。給与1ヶ月は、今回の株価大暴落で吹き飛びました。

リスク資産ポートフォリオ

グラフ

これまで紆余曲折あって、ようやく下記のような目標アセットアロケーションに落ち着いています。当初の目標から大幅に変わったため、アセットアロケーションをそれに合わせて大幅に動かさなければいけません。

全体像としては、

株式:債券=70%:30%
国内:海外=50%:50%

というイメージです。私はNISA口座を持っていませんので、売却益が出れば課税されます。NISA口座作っておけばよかったととても後悔しています。(今は海外在住のため作れません。)

投資信託を一部解約。課税額、実際の入金額はいくらだった?

保有中の投資信託、ETF(太文字は積立中)

資産状況2018年11月にも書きましたが、11月にでたボーナスで上場インデックスファンドTOPIX(1308)を100株買い増しました。これで合計1,800株の保有となります。

運用成績

保有中の投資信託、ETFすべてインデックス連動型です。米国株式→日本株式暴落の連鎖で2016年のインデックス投資開始以来初のマイナス利回りとなりました。

まとめ

2018年最終月は、株の大暴落で幕を閉じました。資産運用開始以来初のマイナス利回りです。twitterでスクショを貼り付けてツイートしましたが、この数週間の心の動揺は想像を絶するものでした。毎日ポートフォリオ管理画面を見てはため息を付いて、「セミリタイアはもっと先にしたほうがいいかなぁ」と独り言をずっと言ってました。

以前、新興国株式のインデックスファンドが元本割れしたときに、ナンピン買い的な買い増しをしたことを記事にしました。

インデックス投資で元本割れインデックス投資で元本割れ その2 平均購入単価は下がったのか?

これを実行した後、新興国株式はさらにガンガンと下がり、米国株、日本株もドンドン下がり、インデックス投資全体が真っ赤に染まりました。

なかでも、新興国株式の変動はかなり大きいです。あまり投資になれていない人(私を含め)は、新興国株式の比率はあまり高くしないほうがよいです。精神衛生上非常によろしくないです。

経験の浅い情弱な個人の投資家が簡単によい利回りを得られるほど世間は甘くないということです。投資の知識がない人や細かい市況を見る余裕がない、見るのがめんどうな人は毎月一定額でインデックス積立投資するのが絶対に向いてるなと改めて痛感しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA